アクセスカウンタ

石木翔一のおかしくもない日々。

プロフィール

ブログ名
石木翔一のおかしくもない日々。
ブログ紹介
無類の猫耳好きが綴るだる〜い日常。

時事ネタが大好物。

トップに四年前ペイントでマウス使って描いた絵を晒す辺り
一種のサルベージ能力に優れているんじゃないかな
zoom RSS

シーボッ!ボッ!!

2009/09/27 16:58


1.東出.ニ
2.赤松.中
3.天谷.左
4.栗原.一
5.シーボル.三
6.小窪.遊
7.広瀬.右
8.倉(石原).補
9.PH

来期の願望。シーボル五番は小宇宙(コスモ)を感じる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あたっく難波ROUND1

2008/10/24 17:38


プロチで栗原ゲッツ!これで当たった順番が
1(・ε・)→2赤松→3(・◇・)→4栗原…

何という打順…次は嶋ですね、わかります

しかし今になって、自分がしっかりした絵の知識がある人に絵を習ったことがない事実に気付く。
全部独学。ずーっとひとりぼっち(´・ω・`)

まぁワールド系に育ってることは嬉しいんだけど
やっぱり今以上を目指すにはしっかりした人に教えを斯うのが一番なんだろね…

しかし社交性スキル0のおいらには難しいのぅ…(´・ω・`)
あ〜あ、どうしてこんな風に生まれてきちゃったんだろ…///
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


にゃんたか!

2008/10/22 17:04


ブラウン残留ありがとうごぜーます(´∀`)

最近プロ野球チップスを浴びるように食っとります(´・ω・`)
しかし思い通りの選手が当たらんのぅ…
08年2弾で今まで当たったカープ選手は

赤松・(・◇・)・(・ε・)…

あとスラィリー

なんぞこれー…(゜Д゜)
セグウェイ込みで足が早い奴らばっかじゃねーかっ!
うわーん、偏差値低いぞー(←?)

前田・緒方・シーボル・永川が当たったら大喜びなんだけどなぁ…

しかし今まで05・08の1、2を買って当たったカープ投手が
小山田一人ってなんだこれ?偏り過ぎですわ…

ちなみに巨人のカードは全て処分してます☆

松中の出現率を何とかしなイカ…(´Д`)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


また鯉い鯉のブ鯉タン

2008/10/06 15:20


今年のカープも終戦か…。
思えば、今年はとても楽しいシーズンだった。

CSに向けての順位争いはもちろんのこと
市民ラストイヤーの熱気
若手の台頭、特に前田健太
嶋・栗原の覚醒

そして何より、謎の外人・シーボル先生の存在

それらの全てがまた来年からのペナントレースの楽しみに繋がるもの。
例年のように、今シーズンオフに何かあれば…みたいな
不確定な期待に頼る必要もなく、逆に
今シーズン通りなら…
と思えるのはとても新鮮だ。

(大竹・梵・長谷川・宮崎は別として)

そういえば、新球場に移転するにあたって、カープうどんがなくなるのは狂気の沙汰としか思えない。
そんなことして何になるってんだァー!?えぇー!!?

今からCSが始まるけど、ここまで意地でも見たくない気持ちは初めてだ。
興味がない、見る気がしないではなく「見たくない」。

具体的に何でか、と聞かれたら難しいけど
何となく、上位のチームはカープほど「良い野球」をしそうにないから。
上手い、下手、苦労してる、苦労してない…
そんな評価基準を越えた「野球としての野球」をしていたのはカープだけだと誇りに思っている。

何かよくわからない精神論だということは承知の上だけど
とにかく、今シーズンは「何で自分がカープファンなのか」ということに対して自分なりに納得することができた。

広島東洋カープ、本当にありがとう!
来年は綺麗な新球場で、綺麗じゃないカープ野球を楽しませてください!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そうだ、京都にry

2008/09/12 11:14


あの宣伝文句って凄い優秀だったよね

てことで

そうだ、京都へ行こう。

いっしわったり!いっしわったり!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キンメダイ

2008/08/15 17:42


オリンピックオリンピック。
はいはいオリンピック。

みんな凄いね!

4年に1回の世界的な祭典を尻目に
カープの試合を楽しく見ています(`・ω・´)

4年に1回必ずある運動会よりも、10年に1回あるかどうかのカープAクラス争いの方が希少だし
普段から特に興味のない種目・選手がポッと出て活躍するのを「感動した」、「感動を分かち合うことができた」とか超絶なニワカ発言するのが嫌で嫌で仕方がない。

北島の金インタビューよりシーボル先生・大竹&赤松のヒーローインタビューの方がどれだけ面白いことか。

オリンピック野球にカープの選手もいないし、見る理由もない。

特に普段から思い入れのない人を応援して何で感動できるの?

その感動は本当に必要なものなの?

何で具体的な行動もせず、感動だけ搾取するの?

理解できましぇん!!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


夕闇(略)P ART4.5

2008/07/18 07:01


(´・ω・`)何の話してたっけ…
あ、そうそう、ドラマんとこね。
…どんな演出にするんだったっけ…
…ま・いっか!適当適当!

↓行き当たりばったりで本編スタート〜↓

智樹が見ているドラマの主人公らしき男は、肉親の死に悲しみ、嗚咽と慟哭で口に出す言葉は、全て言葉としての意味を成してはいなかった。
ブラウン管に映る役者は、あまりの悲しみ。あまりのショックを表現していた。

智樹はそれを見て、なぜか羨ましく感じた。

−演じることができるということは、この人は知っているのだろうか。

死の悲しみを。

死の意味を。

自分には感じることのできなかった悲しみ。自分には流すことのできなかった涙。それら全てが、智樹にとってはあまりにも現実離れしたものだった。

〜ちょい切るべ(・З・)〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


火だるまスレッジ

2008/07/04 18:20


なぜひだまりスケッチが映らない!!

糞がッッッ!!!

糞がアァッッッ!!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バーンサイドと盆栽だ

2008/07/03 18:44


二時間かけてフォトショで色塗りしてたらフリーズこいた\(^O^)/

こまめに保存ってなんだっけ(^ω^)

パッケージ見てみたら、推奨環境メモリ512KB以上だってwwwww
僕のノーパソ256MBだっちゅーのwwwww

(´・ω・`)

(´;ω;`)ウッ

トレース台ゲッツ(σ・∀・)σしたから以後はアナログでお楽しみましょう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夕闇(略)P ART4

2008/07/03 13:00


(´・ω・`)色々キャラの個性の説明をかっ飛ばしたから話が薄っぺら?
海のくだりがわけわからん?

…知りません。

↓惰性で本編スタートッッッ!↓

「ただいま。」

智樹が言葉を発しても、誰からの返事も帰ってはこなかった。
五時過ぎの、夕方と称される時間帯でも、7月後半ともなると外はまだ日中さながらの明るさであり、蝉や近所の子供が楽しそうに笑う声は、そこに生命の活気を感じ取ることができた。
しかし、智樹の眼前に存在する空間からは、それら一切の要素も存在してはいなかった。

「…ただいま。」

父は智樹が小学六年の時に他界した。
そのため、母は長い残業のある仕事に就き、家族−…といっても、智樹と母の二人だけだが−…の食い扶持を稼いでいる。

くだらないことばかり言って、場の空気を変えることばかり得意だったあの独特な言い回しを、智樹はもう四年も聞いていない。
そのことに関して、もう何も感じなくなったのはいつからだろうか。
いや、最初から感じていなかったのかもしれない。



父が他界したのは、智樹が友人の誘いで二泊三日のキャンプに行った、その2日目の朝のことだった。
通勤途中に交通事故に巻き込まれて亡くなったことを、智樹はキャンプから帰り直ぐに連れていかれた通夜の会場で誰からということもなく『聞いた』のだった。

小学生高学年ともなれば、死というものの意味くらいは十分に理解している。けれど、いきなり言われた父の死という事実は、智樹の心にすんなりと入ってくるようなものではなかった。

「お父さんが亡くなったというのに泣かないなんて、強い子ねぇ。」

「これから大変でしょうけど、強く生きるのよ。」

親戚の人から口々に出てくる形式がかった言葉も、決められた段取りを忠実にこなしながら行われる式も、焼香の時と火葬場に運ばれる前に見た、蝋人形のように、やけに不自然な父の顔も

全てが作られた映像のようだった。

幼い智樹でも、まだ父が生きているとは思わなかったが、父が死んだ息子の気持ちを理解することもできず、ただ父のいないだけの時間をぼんやりと過ごしていた。



亨は私服に着替えると、テレビを点けた。
平日の夕方。この時間帯は、ニュースの他には数年前のドラマの再放送くらいしか放送されていない。
特に興味もないドラマをぼんやりと見ていると、そのドラマの主人公らしき男性が、肉親の死に涙しているシーンになった。

〜中途半端だけど続くかもしれん(・З・)〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夕闇なんたらPART3

2008/06/29 03:54


タイトルめんどっち…(←アラ)
俺ネーミングセンスないんだからどーでもいっか…(←アラ)

個人的趣向で萌えっ子は出てくるかも知らんが、決して恋愛とかそんな類いの話じゃないでぷーだよぷー!(←色々だるくなってる)(←アラ)

↓本編スターツッ!↓

「…と、言うわけでめんどっちぃお小言はここまで。明日からの夏休みでは存分にやんちゃしてくれたまえ!」

担任はそれだけ言うと、教卓で名簿を綺麗に整え、教室を後にした。
束縛を失った教室からは、自然と生徒の歓声が上がる。

そう、明日からは学生最大のイベント、夏休みなのだ。

「明日から何する!?」

「海だろ海!?」

毎日のように教育という名うたれた束縛に縛られていた生徒達は、その束縛から放たれるや否や、水を得た魚のように元気に跳ね回っていた。

例によって智樹も、束縛から放たれた両腕を大げさに伸ばし、自らの自由を噛みしめていた。

「なぁ隆弘、今度どこか遊びに行かねぇか?」

伸ばしていた腕を頭の上で組み、リラックスした状態で隆弘に質問をすると、隆弘は眉を下げ、申し訳なさそうな表情をした。

「悪ぃ、明日から部活の合宿なんだ」

隆弘は陸上部に所属しており、大会でそこそこの活躍をしている。
帰宅部の智樹は「そういえば」と呟き、頭をかいた。

「まぁ、8月になったら週末は遊べるからそん時はよろしくな」

智樹は「んあー」と適当に返事をした。

…省略(`・ω・´)シャキーン

智樹が一人で高校からの帰り道を歩いていると、遊歩道の傍らで死んでいる蝉を見つけた。

何年も土のなかで暮して、やっとのこと地上に出てきても一週間しか生きられない…か。
3ヶ月ちょい頑張ったら1ヶ月半の休みがもらえる俺達学生には、その大変さは全く理解できないなぁ〜。
蝉の人生(蝉生?)はその価値観において、幸せであったのだろうか?そもそも命の幸せって何なんだ?

なんてことを呆然と考えながら、智樹は蝉の声がやかましく鳴り響く遊歩道を歩いていた。
そして哲学的な思考の遊びを楽しむ智樹のその後ろ姿を、一人の少女が嬉しそうに見つめている。

「そうじゃな、次はこいつにするか。」

少女がにやりと笑うと、口からキラリと光る牙が見えた。

「運命というもんは、楽しいもんじゃ」

そう言い身を翻すと、少女の姿はコンクリートの映し出す蜃気楼に紛れ、消えてしまった。



「水は『循環』するんだ。トモは喉がかわいたら水を飲むだろ?そして水を飲み過ぎたらトイレに行く。水を出す。海もそういうことをしているんだよ」

漠然と説明されて、詳しく考えると結局何のことかはわからなかったが、わからないなりに何か感じることがあったのか、智樹は「へぇ〜」と、感嘆の声を上げた。それを見て、父は得意げな表情になった。

「とにかく、常に海の水は動いている。循環しているんだ。」

「じゅんかん、かぁ〜。」



「そう、『力』は常に『循環』するものなんじゃ。」

〜大分アラが目立ってきたけど続くかもしれん(・З・)〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夕闇に消えゆく赤PART2

2008/06/26 02:50


(´・ω・`)超展開…か…。
そぉんなのうかばなぁぁい!!

↓華麗に本編スタートッ↓

「何ぼけっとしてんだよ」

智樹は背後からのその声に、けだるそうに後ろを振り向いた。

「こんな朝っぱらから元気満々なお前がおかしいんだよ」

あからさまに面倒臭そうな智樹の物言いに、石原隆弘は、ニカっと笑った。
日焼けで浅黒い肌とのコントラストで、彼のむき出しになった歯は白く映り、とても健康的だった。

「おーおー、まだ若いっちゅーのにそんなに老け込んどったら、世間のギャルにそっぽ向かれるぞ?」

ニヤニヤしながら隆弘は智樹の背中をバンバン叩いた。

「今どきギャルって…古いだろ」

叩かれた背中を擦りながら智樹はため息を一つついた。そして暗い顔になる。

「それに俺は別にモテようなんて思わないしな。」

隆弘は智樹の言葉に、またニヤリとした。

「なんだ?自分がモテないのは本気出してないからとか言いたいのか?まったく、青い青い!」

「ちげーよ!…ただ、…うーん、なんつーかな…人が好き合うってことは、自分の心の根幹を他人に求めるってことだろ?だから…」

「んぁー!!モテない!お前はモテない!!間違いない!」

智樹の言葉を隆弘は大声で遮った。

「いっつもお前はそうだ!変に達観しとるっつーかな、物事を言葉で考えすぎとるんじゃ!もっとなぁ!人生っちゅーんはなぁ!こう、フィーリングが大事でなあ!」

隆弘はフィーリングをジェスチャーで表現したいのか、手をひらひらと動かした。テンションで口調も言ってることもめちゃくちゃになるのはいつもの事だった。

「とにかく、人生ってのはズキューンでバキューンの一大スペクタクルなわけだ!それを理屈でこねくり回すなんて良くないッ!リアリー!?」

本人は名演説をしたと思っているのだろう。露骨なしたり顔で智樹の顔を覗き込んできた。

「あーあー、そうかもな。」

智樹が適当にあしらおうとすると、隆弘はさらに突っ掛かってくるのだった。

「反省が見られんッ!だからな〜…」



どうして自分はこんなに言葉に縛られるのだろう。
どうして自分はこんなに辛く苦しいのだろう。
隆弘の言うとおり、何も悩まずにいられたらどれだけ楽なのだろうか。

けれど、自分にはそれができない。
だから自分は正常な考え方を持った人間だと装わなければいけない。

それがこの『世界』の掟なのだから。



「でも−…だったら、海が水を飲み過ぎると溢れてきちゃうんじゃない?」

「ああ、それはね…」

〜とりあえず地盤完成させるまではつづくかもしれん(・З・)〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夕闇に消えゆく赤PART1

2008/06/25 03:05


(´・ω・`)何か創作してないと気分が乗ってこないから適当にSSでも書いてみっか。
何も考えず書き始めてるんで設定やストーリーは行き当たりばったり。だからツッコミはなしで。
…まぁ、誰も見ないだろうから平気かー(´∀`)
垂れ流し垂れ流し。

↓本編スタートッ↓

昨晩から降り続いた雨は、翌日の夕方になってようやく、その勢力を収めた。
雨雲の隙間から、抑圧されていた夕日が力強く暗雲を赤に染める。

どうせ半刻もすればその光も消えてしまうというのに。
どうせ無理をしたところで、『力』や『存在』なんてやがて消えてしまうというのに。

いや、正確には消えるわけではない。

飲み込まれてしまうのだ。

大きな力の奔流に。

【夕闇に消えゆく赤】

「ねぇ、おとうさん、海の水って、どうしてなくならないの?」

5才ほどの少年が、電車の窓ごしに見える瀬戸内海を食い入るように見ながら父親に質問をした。

初めて電車に乗った少年には、眼前を流れる青一色の景色があまりにその小さな心を刺激するのだろう。
父親が必死に子供でも分かる質問の答えを用意している最中も、少年は初夏の、彩度の高い海を見ながら歓声を上げていた。

やがて父親はにやりと口角を上げ、少年に向かってわざとらしい口調でこう言った。

「トモは喉が乾いたらどうする?」

少年はその問いに、首をかしげた。



「水を飲むよ。」

梅雨も開け、すっかり初夏の装いをした空に向かって、少年はぽつりと呟いた。
10年という月日は、少年を表す『少年』という言葉を変えるには至らなかったが、その姿は大きく成長していた。

『トモ』こと赤松智樹は、学校に向かう道を一人とぼとぼと歩いていた。
10年前の父親の質問を思い出しながら。

やけに凝った言い回しを好む割に、今一つセンスがなくて、いつも皆に呆れられていた父の言葉も、なぜかあの時だけは妙に感銘を受け、今でも智樹は一言一句しっかりと覚えていた。

「そうだね。水を飲む。海も、トモと同じように、喉が渇くと水を飲んでるんだよ。」

その言葉を聞いて、智樹は子供心に何となく納得がいった。感心していると、その様子を見た父は得意げに言葉を続けるのだった。

〜つづくかもしれん(・З・)〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


すちょりーきゅ

2008/06/20 01:48


ストリークのコントで自分達をパクってる奴らがいるって話してたけど
誰がパクってるって、はなわの弟かよ…
実際見て引いたわ…

あれを許すって、ストリークも懐が広いなぁ…

ストリークって関西じゃあそこそこの知名度だけど、
全国的に見たら、オンエアバトル芸人枠か…。

とっとと売れてくれないかな…

個人的に応援してる
・ストリーク
・インスタントジョンソン
・ハローバイバイ(金成ガンバ!)
この辺は一刻も早く売れるべき。

…で、なんであの貴族コントグループはトーク番組に出始めてんの?
どんなコネ?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジレンマシン

2008/06/17 18:06


最近、絵が没個性化してる気がしてならん…(´Д`)
あれだ…きっと、全身を描くことばかり意識してて
昔ほど顔に力を入れなくなったからだな…

昔から感覚厨の傾向があるから、どうにも両立することができなんだ。
身体パーツの狂いを抑えようとすると
顔も十字切ったりしてバランスを整えなきゃいけない。
オイラ、十字切って顔描いたら顔が死んでしまうでガンス(´;ω;`)

伸び伸び落書きで育った弊害ですかね…サーセンね…

もっとこう、大げさなパースでバーン!ドーン!!猫耳!!!
って感じの絵が描きたいんじゃー!!

…でもそればっかじゃ細かな技術が育たないのも事実。
長いこと絵を描いてるけど、細かい技術の分野なら
そこら辺の小学生とタメ張る自信があるね。

…(´;ω;`)ウッ

とりあえず、スラスラ複雑なポーズの身体が描けるようになるまで、またペソペソ死んだ絵を描くのじゃよー…。

某スレの1に追い抜かれる自信が湧いてきたわ(´∀`)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小ネタ集

2008/06/10 16:32


ドッナドッニのっうっわさっ♪

♪ドナドニドぉ〜ナぁ〜ドぉニぃ〜祖国をの〜せ〜てぇ〜♪

ヤン・デレ・ガールと

手をツナイデルスナイデル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明らかな勝利です。

2008/06/04 00:47
   |__C_|__      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 Ψ( ・∀・)っ━~ < カープ?今日は…確かに勝ちましたよ
_と´_carpノ__.   ∀   \______________
  | (_ノ ) |.......┷┳━
 ̄ ̄ ̄.し'J. ̄ ̄|. ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鯉の反乱

2008/06/02 00:21


目を開けて見る夢だけが真実。

【13時頃】
あー、先発長谷川かー…。今日は負け試合かな…。
昨日建さんで負けた悪い流れをどうにかして欲しかったんだけど…

【14時頃】
…ん?長谷川どうした?妙に調子良い…?

【15時頃】
長谷川が試合作りやがった(´∀`;)これは勝つる!

【16時頃】
♪宮島さんの〜神主が〜
おみくじ引いて〜申すには〜♪
今日もカープは勝〜ち勝〜ち勝っち勝ち!!!
楽天に五分は上々だー!

【17時頃】
(´ω`)。oO(今日の夕飯何かな…)

【18時頃】
(´・ω・`)あ、巨人対ホークス始まるじゃん

【19時頃】
あれ?もしかして今日巨人負けたらカープ三位?

【20時頃】
ホークスッ!ホークスッッッ!!
゜+。⊂(`・ω・´)⊃。+゜

【21時頃】
やっぱホークスつえー!夢をありが…?

【22時頃】
延長だとー!?おのれ坂本ー!!

【23時頃】
か…カープ三位…?

カープ…三位…

カープ…三位…!

カープ三位!!

うぉぉぉぉぉ!!!やったぜー!!!

宮島さんの〜神主が〜♪
おみくじ引いて〜申すには〜♪
きょぉぉぉおもぉかあぁぁぁぷぅはぁぁ
かぁぁぁぁちかぁぁぁぁちカッチカチやぞ!!!
カッチカチやぞ!!!

(・З・)<鼻ほじったらヒット打てたよプップクプー
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プップクプー(・З・)

2008/06/01 01:03
画像


落ち着いて
聞いてほしい。













まあ、なんだ、アレだ。

シュレリア様は俺の嫁
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ミセリ、それ見せり〜

2008/05/28 00:52


とあるクイズ番組にて

『1MBは何KB?』

という問題の答えで

『1000KB』

と、番組が言ってやがった…

これがゆとり教育…ゴクリ…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

石木翔一のおかしくもない日々。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる